通学が困難な場合の措置

 通学が困難な場合の措置

自然災害等の発生により通学が困難な場合は、以下の措置をとる。
学生は自宅待機をして、テレビ、ラジオ、インターネットを通じて情報収集に努めなければならない。

A 気象警報が発令された場合
大阪府に特別警報、または寝屋川市に暴風警報または暴風雪警報が発令されたときは、下記の措置とする。
① 始業前の場合
ア 午前6時30分までに警報が解除されたとき・・・・平常通り授業
イ 午前8時30分までに警報が解除されたとき・・・・第3時限から授業
ウ 午前10時30分までに警報が解除されたとき・・・・第5時限から授業
エ 午前10時30分を過ぎても警報が解除されないとき・・・・臨時休業
② 授業中の場合
授業中に警報が発令されたときは、状況に応じて適切な措置をとる。

なお、特別警報、暴風警報または暴風雪警報が発令されたときは、自らの身の安全を最優先に行動すること。また、試験期間中についても、これに準じた措置をとる。

B 自然災害発生の場合
(1)地震等その他の自然災害の発生に伴い、大阪府教育委員会が高等学校以下を休業処置した場合、本校も全日授業を行わない。
(2)大阪府教育委員会が上記処置をしていない場合には、状況に応じて適切な措置をとる。

C 交通機関が不通の場合
【平常授業期間】
(1)京阪電鉄が不通の場合
ア 午前6時30分までに開通したとき・・・・・・・・平常通り授業
イ 午前8時30分までに開通したとき・・・・・・・・第3時限から授業
ウ 午前10時30分までに開通したとき・・・・・・・第5時限から授業
エ 午前10時30分を過ぎても開通しないとき・・・・臨時休業

(2)その他の交通機関が不通の場合
不通のために、登校困難な学生は、学校にその旨を連絡し、午前10時30分を過ぎても開通しないときは、登校しなくてよい。

【試験期間】
試験期間中は、通常よりも30分以上の時間的余裕をもって登校すること。
(1)京阪電鉄で30分を超える遅れが生じた場合
状況に応じて、試験開始時刻を繰り下げる等の措置をとる。

(2)その他の公共交通機関で30分を超える遅れが生じた場合
学校に連絡をいれること。状況に応じて、試験開始時刻の繰り下げ、追試験実施等の措置をとる。

※ 通学困難時の連絡先
・本校学務課直通 072-820-8578
・学校代表    072-821-6401