校長あいさつ Message from the President

fujiwara

「ものづくりのリーダーとなる実践的な技術者」

本校は高度経済成長期に科学技術の進展に即応できる人材養成のため、 昭和38年に大阪府立工業高等専門学校として設立され、爾来5年一貫の技術者教育を行ってまいりました。平成25年には創立50年を迎えます。 50年の歴史の中で、学科改組や専攻科設置を経て、平成23年からは公立大学法人大阪府立大学に移管され、「大阪府立大学工業高等専門学校」として歩むことになりました。 法人の中の高専として、教育・研究の質を高め、今後も発展努力してまいります。

大阪府立大学高専は、近年のグローバル化社会の要請に応え、より高度で複雑な社会ニーズに対応するため、 本校教育理念「自律・実践・協調」のもと、課題発見・解決能力およびコミュニケーション能力、倫理観を持った技術者の育成を行っています。

本校では、入学直後から卒業・修了を見据えて、学生が自らの責任で自分らしい職業観を構想し、 実現するためのキャリアデザイン支援を積極的に進めています。授業や特別活動を通して、いま自分が生きている時代を的確に認識する力、 自律・実践を通したものづくりにおける創造力、実践・協調を通したリーダーシップを体得・伸長できる仕組みになっています。

大阪府立大学高専は、北河内に位置する都市型高専として、これまでにも増して産業界や地域社会との連携を深めてまいります。 また大阪府立大学との連携により、その教育研究資源も活かして「ものづくりのリーダーとなる実践的な技術者」の育成に努め、今後も社会で高く評価され、各方面で活躍できる有用な人材輩出に取り組んでまいります。

関係の皆様には、今後とも変わらぬご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

平成25年4月1日
大阪府立大学工業高等専門学校
校長 藤原 徳一